ご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

近年、人類は科学の進歩により、様々な病気を克服できるようになってきました。

日本においては、平均寿命で世界で最高水準を保つ医療インフラが展開されており、その恩恵を享受できることは大変ありがたいことです。

 しかし、生命科学は深遠であり、その世界は無限に広がるが如く新しい病原体が発見されたり、依然として効果的な治療法がみつからない病気もあります。
一方、科学が進歩するにつれて、単に長く生きることが人間の幸福なのか?という倫理的な問題に対して、様々な議論が行われています。
いづれにしても万人に共通な事は、健康で笑顔あふれる楽しい日々を過ごしたいと願う気持ちでしょう。
鍼灸の基盤となっている東洋医学の世界には科学で説明がつかないことが多くあります。
そもそも、経験に基づき積み重ねられてきた学問であり、言い換えれば生命の不思議と寄り添ってきた医学です。先人が結果を追求し続けた歴史は現代科学にも匹敵する財産です。
私自身、治療にあたりその不思議な効果に驚くこともしばしばあります。
動物の世界に目を向けていつも考えることがあります。
野生動物のまなざしがまっすぐで力強いのはどうしてなんだろう?
医学の助けなどなく、たくましく生きているのは何故なんだろう?
動物としての人間はそのような強い生命力を失ってしまったのだろうか?
・・・いや、きっとあるはずです。
その力を目覚めさせる一つの鍵が東洋医学にはあると信じています。
先人が積み上げてきた財産を使わない手はありません。
今こそ、それを使って自分の中にある生命力を呼び覚ましてみませんか?
眠っている力を引き出せば今よりもっと元気で楽しくなるでしょう。
皆様の元気、それが私たちの最大の願いです。